旦那にイライラ!子育て&共働きでツライ…対処法は?

仕事から帰ってきて、一息する間もなく家事・育児に追われる毎日…

「なんで自分ばっかり!?」と旦那にイライラすることってありますよね。

これはママ友内でもよく話題になって、みんな同じような事で旦那にイライラしていることが分かりました。

そこで、今回ママさんたちに旦那の何にイライラしたのか、イライラしたときどうしているのか対処法を聞いて、まとめてみました!

旦那にイライラする理由5つ!

共働きと専業主婦のママさんたちにイライラエピソードを聞いてみると、

家事育児に口出してくるけど手伝ってくれない旦那さん。

自分のことさえもやってくれない旦那さんなど・・・たくさん出てきました!

いっぱい出てきて、まとめきれないほどだったので、おおざっぱに5つに分けてみました。

1.家事・育児に口出ししてくる!

  • 1人でも出来る家事を「手伝ってよ」と言われた時
  • 子育てに関して「任せた」といいつつ口をつっこんでくる時

「昼飯なに?」「お腹空いたね」「(子供に)薬飲ませたの?」という悪気のない言葉も。

嫌味で言っているわけではないのは分かっていますが・・・

あなた、お手すきですよね?」と思ってしまいます。

2.自分のこともやってくれない!

  • 服や靴を脱ぎっぱなし、物を出しっ放し、フタを開けっ放し!
  • 自分のお茶や調味料を取ってきてと頼んでくる
  • 何度言っても脱いだ服は、洗濯カゴの中に入れず、そこらへんに脱ぎ捨てている。

ただでさえ、子供のお世話で大変だっていうときに…

旦那「醤油は?」
私「・・・。」

なんてことは日常茶飯事。子供じゃないんだから自分の事くらい自分でしてよ!

でも、もっと厄介なのは、何度言っても全然直してくれないことです!

これはさすがにイラっとします。

3.話を聞いてくれない・手伝ってくれない・子供の世話もしない!

  • 相談しているのに聞いてくれない
  • 共働きで、帰宅後夕飯の準備や洗濯などでバタバタしている中、旦那は座ったまま家事を手伝ってくれない。
  • 嫌々子供の世話をする所(うんちの時はオムツを絶対替えない

これはヒドイ!と思ったエピソードもありましたので、ご紹介しますね(^^)

料理中、子供がうんちをしてしまい、主人はスマホでゲームしながら「うんちしたみたい、臭うから交換してあげて」と言う。

ご飯の準備中に子どもが泣いていたら私の所に連れてきて「お母さんにおんぶしてもらおっか」と言って、子どもとおんぶ紐を置いていき、旦那は引き続きゲーム。

私の主人も、休みの日なのに子供にスマホで動画を見せて自分は寝てるということをしていて、ショックを受けました。

「お休みの日くらい休ませてよ」というのは、子供には通用しない!

「子供が寝てる時間に一緒に休んで!」がコチラとしての本音です。

それにしても”家事・育児は女性がやるもの”という考え方は、今でもまだまだ色濃いようですね…。

現在の日本では、女性の社会進出を奨励しているのにです。

ちなみに、日本は世界一「夫が家事をしない国」なんだとか…。
ネット情報で2016年の記録

4.疲れたアピール

  • 自分ばかり疲れたと言い、私が疲れたと言うと不機嫌になる時
  • 子どもが泣いてて、私が手が離せなくても疲れたオーラを出してゴロゴロ。
  • 仕事して保育園に送り迎えして家事もやっているのに、自分の方が朝早く夜も遅いから俺の方が疲れてるアピールをしてくる。

よくお見かけする「寝てない自慢男子」と同じですね。

「・・・・だから?」と言いたくなる気持ちをグッと抑えられるのは友人まで。

旦那が疲れた自慢してきたら、思わず冷たい態度を取りたくなります。(私も働いてるんですけど!と言いたいですよね)

もちろん、旦那が疲れていることは分かっていますよ。優しくなりたいですよ。

でも、それは相手の労りがあればこそです。

共働きなんだから、お互いに労わっていきたいですね・・・

5.その他

  • 夜寝る前に、遊び方が激しく子供が興奮するのでなかなか寝なくて困る。
  • これは我が家でもあります!

    旦那にとっては「楽しんでるんだからいいじゃん」という言い分。

    たまに早く帰ってきた夜は、コレが理由でイライラしてしまいます。

    寝かしつけるのは私なんだから!勘弁してー!

    旦那にイライラしたときの対処法!

    上記のような旦那の言動で毎日イライラして、そんな自分が嫌になってくることも。

    子育てと仕事で疲れた体に鞭打って家事やって…本当に共働きはツライですよね。

    下記では、イライラしたときの対処法について、みんなはどのように対処しているのかご紹介したいと思います。

    1.スイーツを食べる!

    一番多かったのは

    お菓子を沢山買い込み、旦那が仕事に行っている時に1人で食べる!”でした。

    私も同じで、一時期100円~300円ほどのスイーツを毎日コンビニで買って、子供が寝ているときにコッソリ食べてました(^^)/

    でも、毎日続けているとお金が無くなる&ブクブク太るという理由で「これはいかん!」と思い、泣く泣く週1回に;

    しかも砂糖の取り過ぎが逆に疲労感やイライラを助長させることとなるので、食べ過ぎは注意してくださいね!

    どうしてもドカ食いしたい!そんな時は、食物繊維がある果物を一緒に摂ると良いようです!お試しあれ(^^)

    ちなみに甘いもの以外では、音楽が好きなママさんはお風呂で音楽を聴いたり、空いた時間に好きな動画を見るなどがありました。

    韓流ドラマも結構おススメです!観ているママたちが意外と多くて、純愛+ドロドロした感じが良いんです!

    2.仲の良い友人と話す

    • 友達と定期的にお茶をし、旦那の悪口をひたすら話しまくる
    • 友達とランチやLINEして発散

    共感をしてくれる友人と話すだけで、自分の気持ちの整理もできるので私も仲の良い友人に旦那の愚痴など話します。

    ただ、注意点があります。

    それは、話す相手を選ぶことです。

    愚痴をこぼすことを嫌う方もいますし、なかには口の軽い方もいるので…(^^;

    ちょっと離れた地域に住んでいる友人に話すぐらいがちょうどいいのかもしれません。

    3.旦那にさりげなく当たる・直接伝える


    • 子供に向かって『パパ全然遊んでくれないねー』など大きい声で聞こえるように愚痴る
    • わざと主人の近距離でオムツ交換をします
    • 顔は笑って目の奥に怒りをにじませながら伝える。

    旦那を貶めるような発言は避けるべきではありますが、事実を述べる程度でしたら許容範囲だと思います。だって事実ですもん

    私も「今日もパパ、スマホとお友達だね~」とか言ってます。この一言で、旦那もイラっとしていることは間違いないのですが…(^^;

    それでもイライラが落ち着かないレベルになったときは、私は子供を寝かしつけた後にしっかり面と向かって話すようにしています。

    おそらく、世の旦那さんは、妻がなぜイライラしているのか分かっていない人がほとんどだと思います。

    「ここが嫌だった」と分かりやすく伝えることで、理解してくれるんじゃないかなぁと私は思います。

    すぐに変わることは無理でも、もしかしたら旦那の言動の原因が自分自身だったという発見もあるかもしれません。

    4.いない存在だと思い込む・無視・その場を離れる

    • 顔を見ず無視かその場を離れる。 その後深呼吸して落ち着かせる。
    • いない存在だと思って、一人でこなす。期待してても、裏切られるばかりなので一切期待しない!
    • 頭の中で文句言うか、無理矢理楽しい事を考えます。

    究極の方法。

    これは、旦那に直接話しても何も変わらないと悟ったときに行き着く方法だと思います。

    亭主関白系・マイペースな旦那さんを持つ方はこの方法を選ぶのかもしれません。

    言わないという選択をするなら子供を揉みくちゃに可愛がる!という方法もおススメです(^^♪

    イライラしてくると表情が無になってしまうので…子供と楽しい時間を過ごせば自然と笑顔が出ます!

    5.家事代行サービスを利用してみる

    気持ちに余裕がないとイライラしてきますよね。

    あぁアレもしなきゃコレもやらなきゃ!!と考えているうちにもう深夜になっていて、次の日も朝早く起きて仕事に向かう・・・本当に大変だと思います。

    でも、ツライときは他人に頼ってもいいと思います。

    そんなときに大変助かるサービスなのが、家事代行サービス。

    関東だけに限られてしまいますが、「子育て応援パック」であれば1時間3000円で料理も掃除もやってくれます。

    気になる方はコチラからどうぞ↓↓↓



    6.ノートにイライラを書きなぐる

    これは個人的におススメな方法。

    結構スッキリします!自分にしかわからない文字でもいいですし、自分が後で読んでも訳が分からない汚い文字で書きなぐってしまいましょう!

    見返すのが恐ろしいことになりそうですが、自分の中で押し込めた感情はやっぱりいつまで経っても消えません。

    鉛筆やペンで書くことで、自分の中の感情を整理することもできますし、旦那さんとの付き合い方のヒントが隠されているかもしれません。

    ↑のようなノートも売られていますので、まずは書いてみて心と頭をスッキリしましょう!

    まとめ

    いかがでしたでしょうか?

    「わかるわかる!」と共感できるエピソードは少なくはなかったと思います。

    毎日旦那にイライラして、子供にも優しくできなくなったり、最悪自分のことも嫌になったりするかもしれません。

    子育て&お仕事で忙しい方はなかなかリフレッシュができないと思います。

    そんなとき、当ブログでの対処法が何かの役に立てれば幸いです(^^)

    毎日の子育て・お仕事お疲れ様です。

    それでは、最後までご覧いただきましてありがとうございました!

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA