2歳が食事を食べない!ごはんのみでもいい?

2歳の子供がごはんしか食べない!

このようなお悩みをお持ちの方は多いのではないでしょうか。

ママとしては栄養のバランスが心配ですが…

イヤというものを無理やり食べさせるのはどうなの?と考えたり…。

ごはんのみの食事でも大丈夫?なぜ、ごはんしか食べてくれないの?これらの疑問とその対処法をまとめてみました!

2歳が食事を食べない!ごはんのみでもいい?

2歳児が食事を食べずに困ることってありますよね。

何度促しても、食べようとしない2歳児。

ごはんのみでもいい?

結論としては”ごはんのみでもいい”と思っています!

というのは、期間限定だからです。

この状態が、この先ずっと続くわけではありません。

2歳は食事に限らずイヤイヤ期に突入することもあり難しい時期です。

私自身も心配で看護師さんに相談したことがあります。

そのときに言われたのは「極端に体重が減ったりしていなくて、総合的に元気で健康であれば大丈夫」とのこと。

「食べさせよう、食べさせようと力が入ると、ママの表情も怖くなるので子供も食べれませんよ(^^♪」とも。

確かに、食べさせようとするときの顔…真顔ですよね。笑

とはいうものの、ごはん以外の食事を与える努力は、続けることをおススメいたします。

強制ではなく、「一口頑張ってみよう」作戦を根気よく続けること。

毎日でなくてもいいと思います。

少し期間を空けながら続けるのでもいいでしょう。

ある日、気まぐれなのか「食べてみる。」という日がきっとやってきます。

それは、テレビでお気に入りのキャラクターが食べていたから真似してみたのかもしれません。

あるいは、仲良しのお友達と一緒に食べると、楽しくて美味しく感じたのかもしれません。

その時は、思いっきり褒めてあげましょう。

しかし、その日はたまたまで、また食べなくなったりも…。

そんなことを繰り返しながら、ママがストレスを感じないギリギリのところで、気長に続けましょう。

2歳児が食事を食べない原因は??

 

管理栄養士さんによると、食事を食べないときの原因は、ズバリ「たべる必要がないから食べない」そうです。

補食のおやつが主役にはなっていないでしょうか?

歯の発達状況が影響しているのかもしれません。

食事に集中できる環境づくりはできているでしょうか?

自ら食べようとしている場合、使用するスプーン等の食具は子どもに合っているでしょうか?

食事の時間が、子どもにとって楽しい空間になっているでしょうか?

どれも当てはまらなければ、2歳は気分にムラがあるので、

単にそのとき「食べる気分ではない」のかもしれません。

つまり、2歳が食べてくれない理由は様々というわけです。

食育のポイントは、最初から完璧を求めない事だそうです。

イヤイヤ期と同じく、必ず卒業する日がやってきます

その日まで、子どもにとって、食事の時間が嫌いにならないようにすることが大切ではないでしょうか。

そのためにも、食事の時間に、ママは笑顔でいたいですね。

食べない時私が行った対処法は1つ!

 

子どもに嫌いな野菜をなんとか食べてもらおうと、ママは日々メニューの工夫をされていると思います。

我が家の場合は、ポタージュスープでした。

野菜の形があるとダメですが、ポタージュスープにすると、色々な野菜を喜んで食べてくれます。

汁物なので、頻繁に登場しても大丈夫ですし、我が家では、困った時のポタージュスープです。

また、「子どもと一緒に作る」というのも成功しました。

子どもにとって、お料理は遊び感覚で大好きです。

危なくない工程を一緒につくって、できたてを一緒につまみ食いしたり。

「ぼくがつくった〇〇!」というだけで、食欲がわき美味しく感じるようです。

しかしながら、いろいろ試行錯誤しても、やっぱりダメ。

そんなことが起こりうるのが2歳だと思います。

かと思えば、時期が過ぎると、あっさり受け入れてみたり。

「あの戦いとストレスフルな毎日を返してー!」と拍子抜けすることも。

長くは続かない2歳児育児。

イライラする気持ち、とっても分かります。

一生懸命作ったご飯ですからね。

でも、ママは明るくゆったり構えて乗り切りましょう。

まとめ

 

子どもがごはんしか食べないと、ついつい栄養のバランスに神経が集中してしまいます。

しかし、方法を間違えてしまっては、子どもに悪影響を与えかねません。

それに、ママだってストレスで辛く悲しい戦いになってしまいます。

幼児期の食事は、身体的発育のためだけではありません。

家族や仲間と一緒に食べる楽しさを味わい、身近な人との基本的な信頼感を確認していく大切な工程です。

安心感や信頼感は、子どもが体験を広げていく基盤になるものです。

このような、精神的・社会的発達の方にも是非目を向けてください。

そして、小さな工夫をしながら、発想を変えて軽い気持ちで乗り切りましょう!

私がそうだったように、きっと忘れた頃に、

「あら?いつの間に、食べられるようになったの?」という日がやってきます。

それでは、最後までご覧いただきましてありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA