2歳児飲み物をわざとこぼす!3つの対処法と絶対にやってはいけないこと!

今回は、
”飲み物をわざとこぼす2歳児”について!

「あっ!ちょっとっ・・・!!」と言った時にはすでに遅く、床がビシャビシャ。

それがジュースだったときには、怒鳴りつけたくなるほどイライラしますが我慢我慢・・・。

でも、この対応でシツケとしては正解なのか?

シツケをする上で絶対にやってはいけないこととは?を実体験をもとに書いていきたいと思います!

2歳児が飲み物をわざとこぼす理由は?

いつもは上手にコップで飲む2歳の息子。

でも、気を抜いていると…
コップを持ってジャー!!そして、そのこぼした飲み物を手で伸ばす伸ばす!

「こら!やめっ!」と言っても本人はニヤニヤ…悪いことをしたと言うより純粋に楽しんでいる・・・!

しかも、たまにわざと口から吐き出すことも!

これは育児中の親からしたら良くある光景だと思います。ぶどうジュースをわざとこぼされて、絨毯は悲惨な状態になり、ママは涙目になったことも。。

この行動は一体なんなのでしょうか?
理由を調べてみると…

  • こぼれることを楽しんでいる
  • 手首の動きの練習
  • 親の反応を見ている/気を引いている

といった理由でした。
うん、まぁそんな感じだよね!と思った方は多いと思いますが、わざとこぼす・口から吐き出すという行為は、子供にとっての大事な実験であるわけです。大変迷惑な実験である。

しかし、大事な学びだったとしても、親として許していいのか?嫌な気持ちになった私の感情はどうしたら?と疑問に思うところ。

こんなとき親はどう対応すればいいのか気になりますよね。

飲み物をわざとこぼしたときの対応方法は?

わざと飲み物をこぼされて笑顔でいられる親はほぼいないでしょう。

子供の行動が理解できない分、イライラしてしまうし、怒鳴ってしまうこともあるでしょう。

しかし、怒鳴っても結局「言い過ぎたかも・・・」「怒鳴ることじゃなかったかも」と落ち込むのは自分です。

では、どうすればいいのか?対処法を3つご紹介します。

一緒に拭く

「これが一番効果的」「一緒に拭くようにしたらやらなくなった」という声が多く挙がっているのがこの”一緒に拭く”という方法。

我が家でも、試してみて確かに回数は減りました。

何回か拭くことで、本人も察してくれるようになりますので試してみる価値は大いにあります。

ちなみに私が「わざとこぼす」という行動に困ったのは2歳のこと。現在3歳になった息子は今でも誤ってこぼすことがあります。

そんなとき、この”拭かせる”ということをさせていたためか、自分からティッシュやタオルを走って持ってきて自分で拭いています

そして、下の娘が現在わざとこぼす行動をしていますが、息子が率先して拭いてくれています。

そういう意味でも、「もういいから!ママがやるから!!」とならず”一緒に拭く”をやってみてください(^^♪

こぼした際は真顔

親の反応を見て楽しんでいる子に対しては、”無表情・無反応”にすると効果的です。

子供は親の反応をしっかり見ています。

一度こぼしたときの親の反応が面白くてやっているので、こぼした時は低い声で「ダメだよ」と一言伝え、真顔で拭く。すると面白くないので自然とやめるようになると思います。(^^)

親が柔軟な対応をする

困った行動もいつかは必ずやめてくれます。

それまでは、親が柔軟に対応することも大事だと思います。

例えば

  • ふたつきのマグに変更
  • 飲み物を注ぐ量を少なめにする
  • レジャーシートを敷いてこぼされてもOKな環境にする

など。

この方法で被害を小さくしておくと、親のイライラも抑えられるかと思います。

上記のような対策をしたうえで、こぼしてはいけないことを伝えていけば必ず分かってくれるはずです。

絶対にやってはいけないこと

わざと困ることをする子供に対して、絶対にやってはいけないなと痛感したのは以下のこと。

ここにタイトル
  • 怒鳴る
  • 突き放すような発言

2歳の息子がジィジの前でわざと飲み物をこぼしたことがあります。

そのとき私は下の子の授乳中で現場にいなかったため、ジィジは「自分が躾をしなければ」と思ったようで強めに怒鳴りました。(昔の人ということもあって私でもコワかったです)

怒鳴り声に驚いた私はすぐにリビングに行って、息子と一緒に「ごめんなさい」を言って終わったのですが…

その次の日…!またジィジの前で同じ行動をしたのです!!驚きました。

そして思いました。”怒られてでも気を引きたい””こうしたら注目してもらえる”と思わせてしまったんだ。と。

その当時、下の子に付きっ切りだったこともあって、息子の中で「甘えたい・気を引きたい」という気持ちが大きくなってしまったんだと思います。

怒鳴ることが逆効果だと痛感しました。人格を否定するような言葉・突き放すような発言も同様だと思います。

言っても全く効果が得られないですし、言ったあと自分の気持ちも落ち込みますので、

怒鳴りたくなったら一度子供とは離れる・違う部屋に行くなどして気持ちを落ち着けましょう。(クレヨンしんちゃんの、ねねちゃんのママのように…)

まとめ

今回、わざと飲み物をこぼす2歳児についてと対処法を簡単にご紹介しました!

この困った行動に関しては、怒鳴ればやめてくれるという話ではないので本当に難しいですよね。

私もどうしてだろう?と悩みましたが、親が冷静になって柔軟に対応していけば必ず子供も分かってくれます

「こういう時期なんだ」「実験しているんだ」
そう思うことで、いくらか楽になるかと思います。

温かい目で見ていきましょう!

それでは、最後までご覧いただきましてありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA