エルサゲートの対策は!?目的が怖すぎる・・・!

ついつい子供に見せてしまうYoutube。

見せると楽だし、静かになってくれるからとっても便利ですよね。

しかし、今「エルサゲート」が話題となっていますね。

「エルサゲート」とは?目的はなんなのか?そして、対策などあるのでしょうか?調べてみました。

エルサゲートとは

エルサゲートの動画は、一見カワイイキャラクターの動画で子供が興味を引くようなサムネイルです。

しかし、中を見てみると子供に見せたくない内容のものばかり。

実際に見ましたが「なにこれ!?目的は何!?」と制作者の神経を疑うほどの動画でした。

(排せつ系だったり、暴力をふるうシーンがあったり危険行為を促すような動画だったり)

キャラクターも、アンパンマン・ディズニーのキャラクター・ドラえもんなどといった世界的に知られているキャラクターを使用しています。

しかし、「子どもたちに精神的ショックを与えたり、危険な行動を促すおそれのある動画がYouTubeに大量にアップロードされているもの」として

実は海外では日本よりずっと前から注目されていたようです。

名前の語源は、

エルサ(アナ雪のキャラクター)
ゲート(スキャンダルに使われる)
という意味の造語。

エルサゲートの目的は何?

エルサゲート制作者の目的は何なのか?

まず一つは、広告費でしょう。

そして、もう一つは悪意のある嫌がらせ

おそらく広告費だけが目的であるならば、Youtubeno規約をしっかり守るはず。

しかし、それを破ってまで動画をいくつも制作しているのですから、広告費以外の目的はあるかと思われます。

そう考えると、何も疑わず動画を見せていたことも恐ろしく感じます。

動画の制作者は中国の企業だということが分かっていますが、

この中国の企業が制作をやめたとしても、また他の人が作る可能性はあります。

動画を子供に見せる親からしたらかなり困った問題です。

何か対策はあるのでしょうか?

エルサゲートの対策方法

Youtubeの怖いところは、選択しなくても次の動画が始まってしまうところ。

だからこそ楽ではあるのですが、エルサゲートの動画を延々と見ることにもなります。

対策はあるのでしょうか?

Youtube Kidsを利用する

子供用のYoutubeです。

アプリでダウンロードして

「設定」にて検索機能をオフ⇒おすすめ動画しか視聴できないようにする

にすれば規制されるようです。

しかし、残念ながら完全に規制することは不可能のようで、Youtube Kidsであってもエルサゲート動画が視聴できたという報告もあるようです。

一緒に見る

結局は動画を一緒に見るしか方法はないんじゃないかと思います。

おそらくですが、Youtube側がどんなに取り締まったとしても見せたくない動画を完璧に無くすのはなかなか難しいでしょう。

フィルタリングも難しいとも言われています。

そのため、親が目の前でどの動画が良いのか一緒に見た方がよさそうです。

しかし、Youtubeを見せている親御さんの中には、家事の間に見せている方もいらっしゃるかと思います。(私もそうです)

そういった方からしたらYoutubeを一緒に見てたら意味なんてありませんね。。

動画配信サービスを利用する

家事の間にどうしても動画を見せたいという方におススメなのは、

「U-next」などの動画配信サービスを利用する方法です。

U-nextは月額料金1990円(税抜)でアニメや映画などの動画120000本が視聴できます。

ポイントが必要な動画もある点がデメリットではありますが、

キッズ系の動画はもちろん、大人も楽しめるドラマや映画も多数取り揃えてあって、家族みんなで楽しめるので結構おススメです♪

ちなみに現在、月額料金が31日間無料のお試しキャンペーン実施中です。

登録はコチラからできます♪↓↓↓

まとめ

テレビやネットで「エルサゲート」の存在を知り、

確かに息子が変な動画を見ていた時あったなぁと思い、調べてみるとビックリ!

結構海外では問題になっていたんですね。

自分が楽したいからといってYoutubeを見せていましたが本当に反省しました。

どうせ動画を見せるのであれば、学びにつながるような良質な動画を親と一緒に選択して見るべきなのかもしれません。

それでは、最後までご覧いただきましてありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA